安心して解消できちゃう

笑顔の女性

女性にとってまんこが臭いとコンプレックスとなり、なかなかパートナーとのセックスにも積極的になることができません。
まんこの臭いというのは、おりものや汗、乾燥、恥垢、すそわきが、性病、食べ物などさまざまな要因が考えられますから、自分のまんこの臭いの原因を知ることが大切です。

中でももっとも多い原因がおりもので、おりものは細菌が外から入り込まないように酸性に保たれています。それに汗やそのほかの分泌物が混じっていますから、もともと酸っぱいにおいがしています。
女性の場合、生理周期やホルモンバランスによって、おりものの量が増えることがあり、量が増えてしまうことで必然的にまんこの臭いは強くなってしまいます。
おりものの量が少なければ、それほど臭うことはありませんが、体質や量などによって臭いが強くなることがあります。

また、陰部には通常の水分ばかりがでるエクリン汗腺だけではなく、皮脂やアンモニアを含んだ汗がでるアポクリン汗腺も集中して分布されています。
アポクリン汗腺が発達している人は、すそわきがになりやすい体質で、アポクリン汗腺からでた汗を、皮膚の常在菌が分解するときに独特のにおいを発してしまいますから、こまめに下着を変えたり、陰部を清潔にすることが大切です。
また、年齢を重ねるごとに陰部もコラーゲンやヒアルロン酸などの潤い成分が減少し、乾燥しやすくなってしまいます。
乾燥すると、汗や皮脂を多量に分泌することにつながり、その結果においが強くなる場合があります。

二人の女声

臭いは病気?

体調や栄養状況によって、においが強くなったり弱くなったりするのですが、実は病気であるというような場合もあります。そうした問題を解消するためにクリニックが存在しているのです。

こちらを見ている女性

色々なクリニックで受けられる

美容外科クリニック以外にも、皮膚科や整形外科でもまんこの臭いに対する治療を受けることができるようになっています。ただし、それぞれに専門があったりすることもあるので、美容外科が利用されるケースが多くなっています。

白い服の女性

人気の記事リスト

「女性にって重大な問題となってしまうまんこの臭いはクリニックで解消」の人気記事はこちらから