汗もコンプレックスの一つ|女性にって重大な問題となってしまうまんこの臭いはクリニックで解消

汗もコンプレックスの一つ

見つめる女性

多汗症は、緊張すると汗が滝のように流れたり、暑くもないのに汗が流れるなど、日常生活にも支障をきたすことがあり、治療方法も漢方や薬によるものから、美容外科などで受ける手術までさまざまなものがあります。
多汗症の原因は、不安や緊張、ストレス、食生活の乱れ、ホルモンバランスの乱れ、更年期障害、肥満、糖尿病、体質などさまざまです。

不安や緊張、ストレスなどの精神的な問題から大量の汗をかくような場合は、緊張感のある場面に遭遇したり、不安な出来事を想像することで、心拍数が上がり血圧が上昇することで体感温度が上がってしまうため、それを下げるように汗をかきます。
また、塩分や揚げ物の多い食事など、偏った食生活を続けていると、交感神経に異常をきたしてしまい、大量の汗をかく原因となってしまいます。
そのほかにも、糖尿病やバセドウ氏などが原因でも、治療の発汗があります。
こういった病気が原因の多汗症は、元となる病気を治すことで多汗症は改善させることができますが、精神的なものや体質による多汗症は根本的に汗を抑えないと、改善させることは難しいといえます。

美容外科で受けることができる多汗症治療には、イオントフォレーシスや塩化アルミニウム、漢方、ボトックス注射、超音波、胸腔鏡下交感神経節遮断術などさまざまな方法があります。
美容外科でも人気のボトックス注射は、筋肉をコントロールするアセチルコリンを抑制し、汗をかくエクリン汗腺の働きも抑制することで、汗をかきにくくすることができます。
美容外科によっても異なりますが、8000円程度で受けることができる場合もあります。