色々なクリニックで受けられる|女性にって重大な問題となってしまうまんこの臭いはクリニックで解消

色々なクリニックで受けられる

こちらを見ている女性

わきがの治療法は幅広く、皮膚科や美容外科、整形外科などさまざまなクリニックで受けることができますが、傷跡が心配だったり、手術には抵抗があるなど人それぞれ思いはいろいろです。
わきがで悩んでいる人は、手術を受けないと治らないと思っている人もいるかもしれませんが、軽度な場合には、美容外科でも塗り薬や飲み薬などで治療は可能です。

塗り薬は、塩化アルミニウム液をコットンにしみこませて、臭いが気になる部分に塗布していきます。
塩化アルミニウムを塗布するだけですから、傷跡の心配もありませんし、手軽に受けることができ、軽いわきが症状に有効な方法です。
飲み薬は、臭化プロバンテリンという抗コリン剤という種類の内服薬が保険適用され、服用することで汗の分泌を抑えることができます。

軽度~中度のわきが治療には、ボトックス注射や電気凝固法などがあります。
美容外科で受けることができるボトックス注射は、汗の分泌を抑えることができる、電気凝固法はワキの毛穴に電気針を刺して電流を流し、皮脂腺やアポクリン汗腺を破壊することで、わきがを改善することができます。

中度~重度なわきがの場合には、塗り薬や内服薬、ボトックス注射などでは改善が難しいため、手術によってアポクリン汗腺を取り除くことで高い確率でわきがを改善することができます。
ただ、剪除法は傷跡が目立つ場合もあり、傷口が落ち着くまで1週間程度は、圧迫ガーゼを当てる必要があるため、超音波吸引法などが、美容外科では人気となっています。